お里帰りのつづき

里帰り記事で書き忘れましたが、
PINKDOGさんへ行った時、ももすけはオナラをしました。(^○^)
ももすけのそばにいたお父ちゃん、はじめてももすけのオナラ聞いたって、
喜んで?いましたw
ももすけと暮らして8年以上、私は子犬のころから、「ぷっぷー」って、
オナラにびっくりして振り返っていたももすけを知っていますが、お父ちゃんは初めてでした。
犬との暮らしもまだまだ、新しい発見ありそうです。

神戸は暑かったので、涼しいところを求めて、六甲山へドライブしました。
100メートル登るごとに、0.6度下がる計算らしいですが、
六甲山932メートル、六甲山へ上ると、気温25度と涼しかったです。
六甲山ガーデンテラスに車を止めて、散策してみました。
向こうに見えるのは、たぶん六甲アイランド。
六甲アイランド

散策しても、ワンコとは入れるお店はないし、お花のあるところも入れませんでした。
とりあえずお店の方に聞いて、テラスわんこOKな、フードテラスで休憩。
ももすけきょうすけ
きょうすけのほうが、何も言わなくてもステイポーズになります。
ももすけは落ち着くまで、なにかもらえないか、キョロキョロです。

食事の後は六甲山を降りて、今度は親戚のいる芦屋へ向かいました。
お勧めのお店リストをもらって、イタリア菓子のアマレーナヘ、
お土産を包んでもらってる間、テラスでデザートタイム♪
いつも焼き菓子を買って帰るだけでしたが、平日で空いていたので、
テラスでケーキをいただきました。
店内はわんこNGだけど、テラスはOKです。ちょっと暑いけど、お水も用意してくださいました。
この辺りは、おしゃれなお店、おいしいお店がいっぱいなんで、また行きたいです。
芦屋

芦屋からの帰りは、きょうすけの父犬がいるブリーダーさんのところへ寄ってみました。
店内に入ると、ワンコがいるとは思えないくらい静かで、シュナが看板犬の店で、
こんなにも静かなのは珍しいです。(防音がしっかりしてるのか不明)

きょうすけはトリミング台に乗せられ、ボディチェック、毛並など見てくれました。
プルプル震えるきょうすけ、何されるか不安だったね。
トリミングについても、私が手入れしてるのはすぐわかったのでしょう。
ナイフで抜いてるか聞かれて、うまくできませんと答えると、
「なんとなくでいいのよ~」って、言ってくれました。
父犬はいなかったですが、父方の親戚にも会いました。
異母兄弟が何匹かいることもわかり、きょうすけの頭のでかさ、がっちりした感じは、
父方の容姿に感じました。(頭デカイ=スーパー脳みそ)

性格は、予想していた通り父親とは似ていませんでした。
父犬はショーをやっていたので、散歩に行っても犬や人には吠えないそうです。

犬の性格は母犬が影響して、お腹の中にいるときに、どんな環境で育つか、
そこから始まってると、犬の行動学で習ったからです。

今から8年前、ももすけを迎えたころに買った、シュナウザー特集の雑誌です。
読み返していたところ、父方のブリーダーさんが紹介されてたことに、最近気づきました。
ドッグファン

きょうすけのルーツを探る、お里帰りができてよかった。