シニア犬あるある

ももすけの一年に一度の健康診断、病気の早期発見にも、
今年から半年ごとにしてみることにしました。

12歳と7ケ月、前回の脾臓摘出手術から半年以上、
朝ごはんを抜いて、朝一のオシッコを採取し、
ももすけを病院に預けます。

ももすけ
数時間後病院から電話があり、院内の血液検査で、
貧血が出ていたため、外注の血液検査で、
甲状腺を調べたいと、院長先生より連絡。

夕方迎えに行き、心電図で心臓の動きを確認、
超音波で、脾臓摘出したところ見て、
胆泥は五年くらい前からドロッとしてるけど変らず、
腎臓結石は、すこしみられるけど、
半年前とさほど変わってないようでした。

オシッコ、ウンチも問題なし。

気になる点で、朝ハウスから出てきて、
足をプルプルしているので、調べてもらったところ、
ヘルニアの初期がではじめているので、
日常生活の注意事項を、教えてもらいました。
ももすけ

貧血については、普段から生肉を食べているももすけの場合、
食べ物が原因で、貧血をとは考えてはないみたい。

まずは、外注の血液検査の結果待ち。

院長先生に、検診の内容、疑問点、今後のことなど、
時間をかけて説明してもらい、
ドッグドックから3日たち、結果がでたので、
病院へ行ってきました。

腎機能の検査、SDMAは9と、前回と変わらず、
他の数値も大きな変化なく、
甲状腺刺激ホルモンの数値だけが、高く出ていました。

(半年前の脾臓摘出手術でも、甲状腺刺激ホルモンが過剰に出ていて
脳に何か異常があって、甲状腺を刺激するホルモンがでているのか、
手術で麻酔を使うため、数値を下げる必要があり、
薬を飲んで甲状腺の数値を下げていました。)

貧血の原因が、甲状腺刺激ホルモンなのか、
薬を1ヶ月ほど飲んで、原因を探していくことになりました。

シニアになると、いろいろ出てくるので、
早期発見って大事だと感じる。

貧血が出ていることに気づけて良かった。

ももすけが普段食べている手作りご飯、生肉中心です。
生食
イワシ、うずら、馬肉、鹿内臓
野菜、ターメリック、アーモンドバター。

脾臓摘出手術

ももすけ、毎年誕生日に健康診断をする。

12歳の検査

血液検査はいつも院内の検査だけでだったけど、
昨年からSDMA(腎機能)検査ができるようになってたので、
ももすけにもその検査が必要か相談し、
12歳にはすすめるとのことだったので、
半日預かってもらって検査。

いつもは何もなく、検査は終わるが、
脾臓に今までなかったものが見え、早めにとった方がいいと言われる。

腎臓の結石は、大きさ変らないので、
この成長ならももすけの寿命には影響しないだろう。

SDMAの検査は「9」基準値内、
12歳でこの数値はすごく良いらしい。

胆泥は経過観察、心臓がよく動いている。

脾臓摘出について詳しい説明を聞き、
ももすけが元気なので手術をすることにした。

脾臓には、たくさん血管が通っていて、縫合に時間がかかるが、
もうすぐレーザーメスが導入されるので、手術時間を短縮できる。

手術に備えて、甲状腺の数値も調べる。

血液検査で、甲状腺刺激ホルモンが過剰に出ていることがわかり、
投薬1週間、再血液検査、甲状腺刺激ホルモンが下がった。

最短手術日が水曜日と聞き、火曜の夜に預けて水曜日に手術しました。

手術前には、確認事項で二度ほど電話もらい、前日の夜ご飯の内容、
心拍が上がらないので、お薬使って様子見ながらやる説明を受ける。

午後手術が終わって病院から連絡、ももすけは麻酔から覚めてたけど、
モニタで確認して会わずに、取り出した脾臓も見せてもらい、
病理検査にだすことになる。

入院は三泊、毎日点滴、1日目はICUにいましたが、
ももすけはモリモリご飯を食べ、順調に回復しているので、本日無事退院になりました。

病理検査の結果が1週間後くらいにはわかるはず。

しばらくは、病院で買った療法食と薬を飲みます。

お腹は内出血してるので、触らないように、

家にあった生地を適当に切って、

金太郎さんの前掛けのような、

術後服を作って着せてます。